学研キッズネット キッズネットトップへ 知る 遊ぶ 調べる 科学 キズネ子倶楽部 学習百科事典 サイトマップ

ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**たいかのかいしん【大化の改新】

645(大化(たいか1)年に始められた政治改革(せいじかいかくのこと。中大兄皇子(なかのおおえのおうじ中臣(なかとみの藤原(ふじわらの鎌足(かまたりらが中心となっておしすすめた。

蘇我氏(そがし打倒(だとう 聖徳太子(しょうとくたいしの死後,蘇我氏(そがし勢力(せいりょくを強め,太子の子の山背大兄王(やましろのおおえのおうとその一族をほろぼすなど,天皇(てんのう家をしのぐほどの力をもつようになった。中大兄皇子(なかのおおえのおうじ(のちの天智天皇(てんじてんのう)や中臣鎌足(なかとみのかまたりらは,中国((ずい(とう)で政治(せいじや文化を学んで帰国した留学生(りゅうがくせいとともに,天皇(てんのうを中心とする中央集権(しゅうけん国家の建設(けんせつをめざし,645(大化(たいか1)年に蘇我氏(そがしをたおし,政治(せいじ改革(かいかくに着手した。

改新(かいしん基本方針(きほんほうしん 改革(かいかく目的(もくてき翌年(よくねんだされた(みことのり(しめされ,

(1)公地・公民(こうみん豪族(ごうぞく私有(しゆうしていた土地・人民(じんみんを国家が直接支配(ちょくせつしはいする),

(2)班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう戸籍(こせきをつくり,公地を公民(こうみんに分けあたえ,死ぬと国に返させる),

(3)国郡制度(こくぐんせいど(全国を国と(ぐんに分ける),

(4)(調(ちょう(よう税制(ぜいせい公民(こうみん(ぜい労役(ろうえき負担(ふたんさせる)などを定めた。この改新(かいしん(みことのりは,のちの律令(りつりょう国家の出発点をなすものであったが,これが実現(じつげんするには,なお数十年の年月を必要(ひつようとした。

 大化(たいか改新(かいしんを行う…無事故(むじこ(645)で世づくり大化(たいか改新(かいしん

<戻る

Copyright (C) 2013(株)学研教育出版 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。

このサイトについて|利用規約|プライバシー・ポリシー|お問い合わせ|ヘルプ
Gakken Copyright (C) GAKKEN EDUCATION PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
キッズネットは(株)学研教育出版の登録商標です。