学研キッズネット キッズネットトップへ 知る 遊ぶ 調べる 科学 キズネ子倶楽部 学習百科事典 サイトマップ

ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**やよいじだい【弥生時代】

紀元(きげん前4世紀(せいきから紀元(きげん3世紀(せいきごろまでの弥生土器(やよいどきを使っていた(やく600年間。大陸(たいりくからつたわった稲作(いなさく金属器(きんぞくきの使用が広まったが,石器(せっき木器(もっきも多くの人々に使われた(金石併用(きんせきへいよう時代)。土器(どきを作る技術(ぎじゅつが進歩して高温で(かれるようになり,簡単(かんたんな文様の弥生土器(やよいどきが生まれた。また,各地(かくちに有力な支配(しはい者が出現(しゅつげんして小国家が成立(せいりつした。

稲作(いなさく金属器(きんぞくき

(1)稲作(いなさくの開始…大陸(たいりくからつたわった稲作(いなさくは北九州で始まり,西日本から東日本へと広まっていった。人々は稲作(いなさく便利(べんり低地(ていちに定住し,木製(もくせいの農具を使って耕作(こうさくし,石包丁(いしぼうちょうなどでイネの穂先(ほさきをかり取り,きねやうすで脱穀(だっこくするようになった。人々はたて穴住居(あなじゅうきょに住み,モミなどをたくわえる高床倉庫(たかゆかそうこもつくられた。静岡(しずおか県の登呂遺跡(とろいせきでは住居(じゅうきょや水田の(あとなどが発見され,田下駄(たげた機織(はたおの道具などの木製品(もくせいひんが出土した。

(2)金属器(きんぞくきの使用…紀元(きげん前3世紀(せいきごろ,大陸(たいりくから青銅器(せいどうき鉄器(てっきがほぼ同時につたわり,日本でも作られるようになった。銅剣(どうけん銅鉾(どうほこ銅鐸(どうたく銅鏡(どうきょうなどの青銅器(せいどうきは祭りなどのために使われ,鉄器(てっきは農具や木製品(もくせいひんを作る工具,あるいは武器(ぶきなど実用品として使われた。

〔小国家が誕生(たんじょう 稲作(いなさくがさかんになると,貧富(ひんぷや身分の(が生まれ,「むら」に支配(しはい者があらわれた。有力な「むら」が弱い「むら」をしたがえて小国家が成立(せいりつし,紀元(きげん前後には多くの小国家が分立した。1世紀(せいきには北九州の小国家(の王が,後漢(ごかん(中国)に使いを送って,皇帝(こうていから金印(きんいんをさずかったといわれる。

<戻る

Copyright (C) 2013(株)学研教育出版 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。

このサイトについて|利用規約|プライバシー・ポリシー|お問い合わせ|ヘルプ
Gakken Copyright (C) GAKKEN EDUCATION PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
キッズネットは(株)学研教育出版の登録商標です。