PR

  メニュー閉じる

PR

工作

天使のかざみどり

工作 天使のかざみどり

天使がまっているような かわいいかざみどりをつくって風の向きを調べよう

用意するもの

  • クリアファイル
  • 針金(はりがね)ハンガー 2こ
  • 電球型バルブボトルL
  • ウッドビーズ
  • かたいストロー
  • 目打ち
  • 方眼紙(ほうがんし)

おうちで用意するもの

基本

  • 油性(ゆせい)ペン
  • ものさし
  • はさみ
  • ペンチ
  • カッターナイフ
  • カッターマット
  • セロハンテープ
  • 500mLのペットボトル
  • ビー玉やデコレーションシール
  • 造花(ぞうか)など

発展

  • けっそくバンド
  • 方位磁石(ほういじしゃく)

風車をつくる

1

方眼紙に、図のように風車の下がきをする。

※Sサイズのボトルを使うときは、左の図で18cmの部分は15cmに、6cmの部分は5cmにかえる。

2

油性ペンで風車の図をかき写す。

1の下書きをクリアファイルにはさんで、油性ペンでかき写す。

3

油性ペンでかき写した線をはさみで切る。

油性ペンでかき写した線をはさみで切る。

中心と4つ角の点印は目打ちで大きめのあなをあける。

中心と4つ角の点印は目打ちで大きめのあなをあける。

※4つ角のあなをあける場所は、はしになりすぎないようにしよう。

注意:目打ちを使うときは、おうちの人にやってもらうこと。

4

針金ハンガー2こを図のようにペンチで切って横とたての支柱(しちゅう)を2本作る。

たて用30cm
横用23cm

※ボトルSの場合は、たて用28cm、横用19cm。

ペンチを使うときは、おうちの人にやってもらうこと。

5

横支柱に図のようにウッドビーズを通してから、風車を組み立てる。

横の支柱には、ビーズを2こ通しておく。

ビーズのあなが小さいときは、目打ちであなの大きさを調節する。

4すみのあなを重ねて通す。

最初に中心のあなを支柱に通し、4すみのあなを重ねて通す。

4すみを通すとこんなふうになるよ。

かざみどりを組み立てる

1

電球型ボトルにあなをあける。

電球型ボトルにあなをあける。

キャップの中心にささっているとめ具を内側からおしてはずす。

底は、中心に目打ちをあてて回しながらゆっくりあなをあける。直径3mmくらいのあなにしてね。

たてのあなは、ボトルの線を利用しよう。図のように、ボトルのとうめい部分のはじから4cmのところに上下2カ所あなをあける。

直径3mmくらいのあなにしてね。

目打ちを使うときは、おうちの人にやってもらうこと。

2

たての支柱に、図のような曲りをつける。
丸いペンなどを使うとやりやすい。

たて支柱を、ボトルにあけたあなにとおし取りつける。

たて支柱を、ボトルにあけたあなにとおし取りつける。

注意:針金ハンガーの先にはさわらないこと。
注意:針金ハンガーをまげるのはおうちの人にやってもらおう。

3

風車をつけた横の支柱をつけて組み立てる。

①ボトルとのすき間には、風車がよく回るようにビーズを3~4こ入れよう。

②とび出ている横支柱の先には、ビーズを3~5こつける。ビーズがぬけないようにセロハンテープをまく。

③ボトルの下に出ている、たて支柱にはビーズを3こつける。ビーズの下にはぬけないようにセロハンテープをまこう。

※ビーズが小さくてストローの中に落ちそうなときは、ビーズの数をふやし、下の方のビーズにテープをまいて太らせよう。

たて支柱をささえるために、かたいストローをあなをあけたペットボトルのふたにたてる。

④たて支柱をささえるために、かたいストローをあなをあけたペットボトルのふたにたてる。その中にたて支柱をさす。

※ペーパーストローを使うときは、たてに切れ目を入れたストローをもう一本用意する。図のように丸めて、ストローの中に入れて強度をつける。

注意:カッターナイフや目打ちを使うときは、おうちの人にやってもらうこと。

ペットボトルには、重しとしてガラスのビー玉などを入れよう。かわいたすなや小石、貝などを入れると夏らしくなるよ。

ボトルの中に造花を入れたり、表面にシールをはったりしてかざろう。

まとめ方

天使のかざみどりの作り方を書く。どんなときに風車が回るのか、どんなふうにまわるのか観察して表にしよう。
毎日の風の向きは毎日同じ時間に調べて天気や温度といっしょにまとめよう。

なぜ? どうして?

どうして風の方を向くの?

天使のかざみどりを上から見た図

天使のかざみどりの頭は、風がくる方向を向く。これはいちばん風をよく受ける部分である風車が、尾(お)側についているからなんだ。尾側にある風車が風におされると、かざみどりが軸(じく)のまわりを回転し、頭は風の来る方を向いて、うまくバランスをとるよ。

監修:秀明大学/大山光晴

発展

毎日の風の向きを調べよう

屋外に取りつけるときは、風でとばされないように支柱ささえのストローをけっそくバンドで固定する。近くに方位磁石を置き、東西南北をかくにんしながら、かざみどりの向きで風の向きを調べよう。

注意:強風のときは室内に入れよう。

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前に、このレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 針金ハンガーを切ったあとのとがった部分にはさわらないように気をつけよう。
  • 目打ちやペンチ、カッターナイフを使うところは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ビー玉やビーズなどの小さいものはぜったいに口に入れないこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP