PR

  メニュー閉じる

工作

キラキラ万華鏡(まんげきょう)

工作 キラキラ万華鏡(まんげきょう)

アルミシートで表面鏡(ひょうめんきょう)をつくり、三角に組み立てる。先たんにガラス玉をつけてのぞくと、万華鏡になるよ。

ワークシートをして印刷(いんさつ)して使うと便利。
動画を参考にして、その万華鏡で身のまわりにあるいろいろなものを見てみよう。
三角の角度や大きさを変えたりすると、見え方がどう変わるかもためしてみよう。

※できあがった万華鏡で太陽を見ないこと。

3サイズの万華鏡が作れる型紙をダウンロードできるよ。

ワークシートダウンロード

用意するもの

  • とうめいなガラス玉(直径17mmぐらい)
  • 2まい重ねのアルミシート
  • 工作用プラスチック板
  • 厚紙(あつがみ)
  • プラスチックを切るはさみ
  • シール各種
  • 型紙
  • 型紙用の紙(型紙を使わない場合:えんぴつ、分度器)
  • 木工用接着ざい
  • セロハンテープ
  • 油性ペン細書き(黒以外)
  • ものさし
  • マスキングテープ

実験方法

三角の表面鏡を作ろう

1

実験方法

えんぴつで、紙に図のとおりにかいて、表面鏡の型紙を用意しよう。

2

実験方法

工作用プラスチック板の下に1の型紙をおいて、マスキングテープで仮止めする。油性ペンで線をなぞって、型紙をかきうつそう。

※油性ペンの色は赤など、黒以外を使うとわかりやすい。

3

2のプラスチック板は、うつしとった型紙の線より1cmくらい大きめに切り取っておく。

はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

4

3に木工用接着ざいを平らにぬり、厚紙にはりつける。なるべく均一にはりつくように、タオルなどでこするとよい。

実験方法

まわりをよごさないように新聞紙などをしこう

5

実験方法

4がかわいたら、プラスチック板の赤い線にそって、3つの三角形をはさみで切り取る。曲がらないようにまっすぐ切ろう。

はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

6

実験方法

5で切った3つの三角形より少し大きめにアルミシートを切る。

きれいに映るように、折り目のないところを使うのがポイントだよ。

7

実験方法

5の三角形の板のプラスチック板の側を、1まいずつアルミシートにはりつける。

8

実験方法

はみだしているアルミシートを、三角形に合わせて切り取ると、三角形の表面鏡のできあがり。

はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

表面鏡を組み合わせよう

1

実験方法

表面鏡の厚紙側を上にし、1mmくらいのすきまをあけてならべる。それぞれをセロハンテープでしっかりとめる。

2

実験方法

1のアルミシート側を上にする。アルミシートの表面をはがして、2まいめのきれいな面を出す。

※2まい重ねのものでない場合は、アルミシートをよごしたり、きずつけたりしないようにし、なるべくさわらないこと。

3

実験方法

アルミシートをさわらないようにして三角に組み立て、セロハンテープでとめる。

※三角の間にすきまができないようにしよう。

4

実験方法

シールなどで表面をかざろう。

まきつけるようにすると、万華鏡がじょうぶになる。

5

実験方法

三角のてっぺんにガラス玉をのせ、セロハンテープでふわっととめると、できあがり!

目から少しはなしてのぞこう。

できあがり!

目をいためるので、太陽を直せつ見ないこと。

発展 三角形の形でどう変わる?

表面鏡の三角形の角度を変えたら、万華鏡の見え方がどう変わるか実験してみよう。また、万華鏡にはさまざまな形があるよ。調べてみよう。

動画をチェック!

まとめ方

使った材料と作り方、くふうしたところをまとめよう。万華鏡で見たものと、どんなふうに見えたかをイラストでかこう。

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうして、きれいな万華鏡ができるの?

鏡に角度をつけて組み合わせた万華鏡を作ると、光の反射(はんしゃ)の角度で、鏡が作る像(ぞう)に奥行きがあるようになって、像が立体的に見えるんだよ。

監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。プラスチック板はかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ガラス玉をなめたり、口に入れたりしないこと。まちがって飲んでしまうとあぶないよ。
  • 接着ざいに書かれている注意書きをよく読んで使うこと。
  • できあがった万華鏡では、太陽を直せつ見ないこと。目をいためるのであぶないよ。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。 絵:渡辺潔 写真・製作:久保政喜

100円ショップ商品で自由研究へ