PR

  メニュー閉じる

PR

調べ学習

「おくすり手帳」をつくってみよう

調べ学習 「おくすり手帳」をつくってみよう

飲んできたくすりを記録する「おくすり手帳」。じつは自分でつくれるって知ってた?

調べ方

自分がこれまでに飲んできたくすりを記録しておく「おくすり手帳」は、自分でもつくることができる。「おくすり手帳」について、日本製薬(せいやく)工業協会「くすりの正しい使い方」のサイトや「おくすり手帳」に関するサイトなどの情報(じょうほう)を参考にして、自分だけの「おくすり手帳」をつくってみよう。「おくすり手帳」をどのようにつくったかをまとめると、夏休みの自由研究にもなるね。

まとめ方

「おくすり手帳」をつくり、必要な内容(ないよう)についてまとめる。完成した「おくすり手帳」の写真をつけるとわかりやすいよ。

■「おくすり手帳」ってどんなもの?

病院や調剤(ちょうざい)薬局などでもらったくすりの名前、飲む量、飲む回数、どんな副作用が起こったかなど、くすりに関する情報を記録しておく手帳を、「おくすり手帳」という。
いくつかの病院で治療(ちりょう)を受けたり、旅行先で病気になったりしたときに、「おくすり手帳」を見せると、いつも飲んでいるくすりとの飲み合わせを確認(かくにん)したり、副作用についての危険(きけん)をさけることにもつながる。

■「おくすり手帳」をつくってみよう

①持ち歩きやすい大きさのノートを用意する。

②表紙に「おくすり手帳」と名前を書く。絵をかいたり、シールをはったりしてもよい。

③表紙を開いたところに、自分についてや、くすりについての情報を書く。

④次のページから、日づけ、もらったくすりの内容を書くらんをつくる。

家族で、同じデザインの「おくすり手帳」をつくってもいいね。
おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしたら喜ばれるかも。

■「おくすり手帳」をじょうずに使おう

「おくすり手帳」は、いつも持ち歩くとよい。外出先で気分が悪くなって病院などでみてもらうとき、ふだん、どんなくすりを飲んでいるかがわかるので、役に立つ。

身長や体重を書くらんをつくっておくと、急に体重が変わったりしたことなどがわかり、健康管理(かんり)に役立つ。

■災害(さいがい)のときにも役立つ「おくすり手帳」

地震(じしん)やこう水などの災害の際(さい)に、ふだん行っている病院に行けないことがある。支援(しえん)に来た医師(いし)がくすりを処方(しょほう)するときに、おくすり手帳があると、その人がこれまでにどんなくすりを飲んできたかがわかるので、スムーズに、的確(てきかく)に処方できる。

まとめ

「おくすり手帳」は、自分がこれまでにどんなくすりを飲んできたかがわかるので、病院などにかかるときに役立つ。便利な点の多い「おくすり手帳」は、自分でもつくることができる。


くすりのヒミツを大研究

くすり研究所

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP