PR

  メニュー閉じる

PR

実験

くるくる鏡
アニメーション

実験 くるくる鏡<br>アニメーション

キッチンアルミシートを使って作った鏡とカードをくるくる回すと……絵が動いてアニメーションができる! かんたんおもしろアニメーション工作にちょうせんしよう!

用意するもの

  • 八角形のガラスボトル
  • キッチンアルミシート
  • プラスチック皿 2まい
  • カラーボード
  • ボール紙
  • ビー玉
  • 引き出し用つまみ
  • 両面テープ

おうちで用意するもの

  • ボールペン
  • ものさし
  • はさみ
  • カッターナイフ
  • カッターマット
  • せっ着ざい
  • スティックのり

実験方法

本体を作る

1

八角形のガラスボトルを両面テープでせっ着する。

プラスチック皿の真ん中に八角形のガラスボトルを両面テープでせっ着する。

2

八角ボトルのふたに、引き出し用つまみを両面テープでつける。

八角ボトルのふたに、引き出し用つまみを両面テープでつける。

※丸い形の引き出し用つまみのときは、ねかせてつける。

※取手付きのボトルのときは、そのまま使う。

3

キッチンアルミシートのうら面に線を引く。

キッチンアルミシートのうら面にボールペンで、図のように線を引く。

※アルミテープのときは、3.3cm×10cmの形で8まい切る。

※銀色の面は鏡として使うので、よごれやキズがつかないようにしよう。

4

図のようにボール紙にはる。

キッチンアルミシートをはさみで切り、図のようにボール紙にはる。

注意:はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

5

たてすじで折り、のりしろにせっ着ざいをつけて、はり合わせる。
八角柱にして八角ボトルにかぶせる。

6

カード台を作る。

カラーボードに切り取り線を引く。

①カラーボードに切り取り線を引く。

つみがあるので、少しずつ刃(は)先を入れる。

②切り取り線にそってカッターナイフで切る。あつみがあるので、少しずつ刃(は)先を入れる。

③ボール紙に図のように線を引き、切り分ける。

④切り分けたボール紙を②のカラーボードの7cmの方にせっ着ざいでせっ着する。
カードが飛ばないようにするため。

7

カード台を組み立てる。

8まいのカード台は両面テープで皿にせっ着する。

8まいのカード台は両面テープで皿にせっ着する。

カード台のできあがり。

アニメカード

アニメーカードがダウンロードできるよ

★アニメカードをダウンロードしよう!

1

ボール紙にはって、切り分ける。

ダウンロードしたアニメカードをプリントする。
ボール紙にはって、切り分ける。

2

1から8の順番にカード台にセットする。
カードは回す方向に合わせて、順番に置こう。

3

もう1まいのプラスチック皿に、ビー玉を入れて、下に重ねる。ビー玉が転がって、上の皿を回転させるよ。

ビー玉を入れたプラスチック皿に重ねて、回転させてみよう。

回転させるとアニメのように動いて見えるよ。

アニメカードの絵が、八角柱の鏡にうつって、回転させるとアニメのように動いて見えるよ。

発展 オリジナルアニメを作ろう!

8まいのカードで、動きのあるアニメを作ろう。シールを使って作ればかんたん。8と1の絵がつながる動きにしてね。

まとめ方

くるくる鏡アニメーションの作り方を書く。写真やイラストを使うとわかりやすいよ。
アニメーションがどんなふうに動いたか、アニメーションに見えやすい絵や見方をくふうしてくらべてみよう。
自分でかいた絵でアニメーションを楽しんで、動画にとって発表すると楽しいよ。

なぜ? どうして?

なぜ、絵が動くの?

絵をうつした鏡をすばやく回転させると、見ている絵が次から次に入れかわるので、目のさっかくによって絵が動いているように見えるんだ。

監修:秀明大学/大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前に、このレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • カッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ビー玉を口に入れたりなめたりしないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP