PR

  メニュー閉じる

PR

実験

スマホプロジェクター

実験 スマホプロジェクター

拡大鏡(かくだいきょう)をつけた箱の中に、画像(がぞう)や映像(えいぞう)を表示したスマートフォンを置くとプロジェクターになるよ。どんなふうに映(うつ)るか実験してみよう。実験のしかたは、よくわかる実験動画を見るとよくわかるよ。

用意するもの

  • フタつきの紙の箱2日こ(長辺が26cmぐらい)
  • 拡大鏡(拡大率およそ2日倍)
  • スタンド
  • カッターナイフ
  • セロハンテープ
  • ペン
  • はさみ
  • カッターマット
  • 両面テープ
  • ガムテープ
  • 手鏡

実験方法

本体を作る

1

本体を作る

一方の箱の底をはさみで切り取る。

2

本体を作る

箱の上下にフタをする。

3

本体を作る

箱のせまい面の真ん中に拡大鏡のレンズを置き、ペンでふち取る。

4

ふち取った少し内側をカッターナイフで切り取る。

※一度フタをはずして箱をつぶし、カッターマットをはさんで切る。

5

本体を作る

ふち取った位置に拡大鏡をもどして、セロハンテープでつける。

※底になる方のフタは両面テープやガムテープなどでしっかり固定しよう。

スマートフォンをセットする

1

スマートフォンをセットする

スマートフォンの画面に映(うつ)したい絵や映像(えいぞう)を表示させてスタンドにはさむ

はさむときに、スマートフォンに傷をつけないように気をつけよう。
スマートフォンを使うときは、落としたりぶつけたりしないこと。

2

スマートフォンをセットする

写真のようにスマートフォンを箱の中に立てる。

3

部屋を暗くして、拡大鏡から出る光をかべに当てる。

マートフォンの立てる位置を変えたり、箱とかべの間の長さを変えて、かべに画面がきれいに映る位置をさがす。

スマートフォンをセットする

暗いところで実験するときは、足もとに十分注意しよう。

4

かべに画面がきれいに映ったら、フタをして、映し出された絵を楽しもう!

スマートフォンをセットする

発展 手鏡で上下左右が正しくなるしくみ

発展 手鏡で上下左右が正しくなるしくみ

かべに画面の上下左右が正しく映し出されるように手鏡を使った改ぞうにちょうせんしよう。

きれいに映し出すのはむずかしいけど、画面の上下左右が正しくなっていることがたしかめられるよ!

スマートフォンの画面を上にして箱の中に置き、手鏡で光を拡大鏡の方に反射(はんしゃ)させる。手鏡の角度やスマートフォンの位置、箱とかべの間の長さを変えて、かべに画面が映る位置をさがす。

動画をチェック!

まとめ方

スマホプロジェクターの作り方をかこう。スマホの位置や箱の位置は、どこにあるときにどう映るか表にする。映った画像や映像を写真にとってはり、まとめよう。一番きれいに映るのはどのときか結果をかこう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうして、さかさに映るの?

どうして、さかさに映るの?

スマートフォンの画面の絵=光はレンズの焦点(しょうてん:光が集まるところ)を通るときに、上下左右がさかさになるので、かべにさかさに大きく映るんだ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

天体望遠鏡(ケプラー式)も上下左右がさかさに見えるよ。

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 拡大鏡で太陽を見ないこと。目をいためるのでぜったいにしないこと。
  • 拡大鏡を日なたに置きっぱなしにしないこと。レンズを使っているので、火が出るきけんがあるよ。
  • 暗いところで実験するときは、足もとに十分注意しよう。
  • スマートフォンを使うときは、落としたりぶつけたり、ふり回したりしないように十分注意しよう。
  • 火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • スマホプロジェクターをぶつけたり、重いものをのせないようにしよう。また、ゆかに置いたままにすると、・ふみつけてケガをすることがあるよ。使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。
  • 映される絵は、上下左右が反転していたり、ゆがんだり、本物のプロジェクターとくらべてはっきりしたものではないよ。光の実験、研究として取り組もう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP