PR

  メニュー閉じる

PR

実験

うきしずみ実験ふしぎ水族館

実験 うきしずみ実験ふしぎ水族館

タレビンで作った魚が、ペットボトルの中を生きているみたいにうきしずみするよ。タレビンにつける重りを変えたり、中に入れる水の量を変えるなどして、うく力の実験をしてみよう。

用意するもの

  • タレビン(魚)
  • 木ネジ
  • 油せいペン(黒、赤、緑など)
  • 大きめの計量カップ
  • かざり用に底にしずめる好きな色のビー玉など
  • プラスドライバー
  • 500mLのペットボトル(炭さん飲料用の表面にデコボコのないもの)
  • トレイやはちざら
  • プッシュピン
  • カッターナイフ
  • ピンセット
  • 茶こしや目の細かいざる

実験方法

うきしずみ 魚を作る

1

タレビンのはらびれを写真のように、カッターナイフで切り取る。ちょうどあながあくよ。あながあかないときは、カッターナイフで切ったあとに、プッシュピンであなをあける。

注意:カッターナイフやプッシュピンを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

2

写真のように、おびれ近くに、プッシュピンで空気あなをあける。1であけたあなに、木ネジをねじこむ。プラスドライバーを使って、おくまで入れよう。

注意:つまようじの先でけがをしないように気をつけよう。

形がうまく作れないときは、クッキー型などで型ぬきをしよう。

3

色やもようを、油せいペンなどでかこう。白いマニキュアを使うと、かわいい目がかけるよ。

マニキュアを使うときは、風通しの良い場所で使い、手につかないようにしよう。

4

【魚のうく力を調整する】
はじめに魚の口の部分のふたをとって、中に水をいっぱいに入れる。
大きめの計量カップに水を入れて、魚を水にしずめる。 魚をつぶして空気を出しその後力をゆるめると、中に水が入ってくる。このとき水面ギリギリに魚がうくように、中に入れる水の量を調整しよう。

2でつけたつまようじをスチロールさらにさして、一晩(ばん)くらいしっかりかわかそう。

スチロールさらはうら返して、つまようじをさす。さすときは、はじめにあなをあけておこう。たおれないようにちゅういしよう。

5

つぎに、ペットボトルの中にビー玉などを入れて、自由にかざりつけよう。その後、水を8分目くらいまで入れる。

水面ギリギリにうく魚をペットボトルに入れよう。 魚の中の水や空気が出ないようにそっと入れる。 水をボトルの口のところまでいっぱいに入れ、フタをしっかりしめて、両手でボトルをおしてみよう。 おすと魚は水中にもぐり、手をはなすとうき上がるよ。うく力のちがう2つの魚を入れると、ボトルをおす力のちがいでしずみかたが変わるよ。

ペットボトルの中の水を回して中に水流をつくれば、泳いでいるみたいに魚が上下するよ。

何日かたつと金ぞくがさびて、水がよごれてくる。
水をとりかえるときはトレイやはちざらをしき、ざるや茶こしを使って中に入っているビー玉などを受け取ろう。

口のところでひっかかった魚は、ピンセットで取り出せる。

注意:まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。

発展

クリオネ フッキングゲーム

フックをつけた四角いタレビンにビニルテープのはねをつけてクリオネちゃんを作ったよ。

横にあなをあけて、うく力の調整をするんだ。 アルミのはり金で作った輪に、クリオネのフックをひっかければ一休み。
点数をつければ、ゲームにもなるよ。

1

ビニルテープで作った顔とはねをつける。

注意:カッターナイフやプッシュピンを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

2

はり金は約40cmで切る。

3~4カ所、図のようにペンなどに軽くまきつけて輪を作る。

ねじるときはラジオペンチを使うといいよ。

はり金は、回しながらボトルの中に入れよう。

注意:はり金やラジオペンチを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

まとめ方

うく力はペットボトルをおすときの「力」のちがいでくらべるよ。うく力のちがいと、重りの重さを変えたらどうなるかを表にしてくらべてみよう。タレビンの魚をかざりをつけたときは、工夫したところもまとめてみよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうして魚がもぐったりういたりするの?

ペットボトルを手でおすと、その力が水を通して、魚の中の空気に伝わり、空気のかさ(量)が小さくなるよ。すると、うく力も小さくなり、魚もしずむんだ。手をはなすと、空気がもとのかさにもどり、うく力が大きくなるので魚はうき上がるよ。

本物の魚も「うきぶくろ」という空気のいれものを持っている。きん肉で大きさを調整することで、水中を思い通りにうきしずみしているんだ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • できた作品を直接日光のあたる場所におかないこと。レンズこうかによりかさいのおそれがあります。
  • カッターナイフや先のとがったものを使うときは、人に向けたりしないこと。またけがをしたりしないようにしよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにしっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP