PR

  メニュー閉じる

PR

工作

VRスコープ

工作 VRスコープ

スマートフォンの360度動画をまるで本物のように見るVRスコープを作って、自由研究にしてみよう。

用意するもの

  • 紙箱
  • ルーペ
  • お知らせスタンド
  • カッターナイフ
  • カッターマット
  • インターネットに接続(せつぞく)できるスマートフォン
  • セロハンテープ
  • えんぴつ
  • かざるもの(アルミテープ、マスキングテープなど)

発展

  • 虫めがね

作り方

VRスコープを作る

お知らせスタンドでスマートフォンをはさんで立て、組み立てた紙箱の中に置く。

注意:はさむときに、スマートフォンにきずをつけないように気をつけよう。
スマートフォンを使うときは、落としたりぶつけたりしないこと。

スマートフォンの画面の正面真ん中にレンズがくるように、紙箱にルーペをつけて、えんぴつで形をなぞる。

2

紙箱をつぶし、間にカッターマットをはさむ。えんぴつでなぞった線の内側をカッターナイフで切り取り、あなをあける。

注意:カッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

3

あなの内側にルーペをあてて、セロハンテープでとりつける。

レンズが2まいあるルーペは、レンズを1まいだけ出して使う。

スマートフォンをセットする

1

スマートフォンの画面に、画像を表示させてから、スタンドでスマートフォンをはさむ。

注意:スマートフォンを使うときは、落としたりぶつけたりしないこと。
はさむときに、スマートフォンにきずをつけないように気をつけよう。

2

スタンドを紙箱の中に置く。その画面を紙箱の外からルーペでのぞく。

3

ルーペをのぞきながら、スタンドを前後に動かしてピントが合う位置をさがし、えんぴつで印をつける。

4

スタンドにセロハンテープをつけて、3で印をつけた位置に固定する。

5

紙箱をかざってできあがり。

まとめ方

VRスコープの作り方をかく。なぜ立体に見えるのか調べ、どう見えたか、どう感じたかをまとめよう。

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

VRスコープで360度動画を見てみよう!

VRスコープを体験できるスペシャル360度動画を用意したよ。
動画共有サービス「YouTube」のアプリ(無料)を使うので、おうちの人のスマートフォンにインストールしてもらってから、バーチャルだけどリアルな体験を楽しもう!

スペシャル360度動画 YouTubeのアプリで見よう。

1.「App Store」または「Google Play」から「YouTube」公式アプリをインストールする。
2.ここからスペシャル動画にアクセスする。
3.右上の「公式アプリで開く」をタップ。
(上部にかくれていることがあり、下方向に画面を動かすと出てくる。利用環境により表示のされ方はことなります。)
4.再生ボタンをタップ。
5.スマートフォンをVRスコープにセットして、スコープをのぞく。

注意:YouTubeを見るときはおうちの人といっしょに見よう。

なぜ? どうして?

どうして、360度見えるの?

見るときは一部を見ている

360度動画は、そのまわり360度のようすを動画でうつせるカメラを使って撮影(さつえい)しているんだ。 だから、動画には、まわりのようすがすべて記録されていて、その一部分をスマートフォンの画面にうつし出している。

VRスコープの向きを変えると、その向きにある動画を画面にうつし出すので、まるで自分がカメラの位置に立っているかのような体験ができるんだ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

まわりのようすのすべてを撮影

発展

ルーペを虫めがねにかえてみよう。動画の見え方は変わるかな? ピントが合う位置は変わるかな?

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • カッターナイフや先のとがったものを使うときは、人に向けたりしないこと。またけがをしたりしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • VRスコープをのぞきながら歩かないこと。まわりが見えなくてきけんなのでしないこと。
  • VRスコープは長い時間のぞかないようにしよう。
  • レンズで太陽を見たり、日なたに置かないようにしよう。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにしっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP