学研キッズネット キッズネットトップへ 知る 遊ぶ 調べる 科学 キズネ子倶楽部 学習百科事典 サイトマップ

科学なぜなぜ110番

科学かがくなぜなぜ110ばんトップ へ

きみの質問にズバリ答える! 科学なぜなぜ110番

<PR>

質問と答

どうしてネコのよるでもえるの(よるひかるの)

人間にんげん動物どうぶつおくには「網膜もうまく(もうまく)」があります。人間にんげん動物どうぶつをカメラにたとえると、網膜もうまくはフィルムにたるところです。はいってきたものかたちいろは、この網膜もうまくにうつり、それがのう(のう)につたわってものえたとかんじるしくみになっています。
ところで、ネコの網膜もうまくには、ひかりをはねかえす反射はんしゃばん(はんしゃばん)のようなものがあります。この反射はんしゃばんは、非常ひじょうよわひかりでもはねかえすことができる性質せいしつがあり、それで、よるくらいところでも、ネコのひかってえるのです。また、ネコの網膜もうまくには、グアニンという物質ぶっしつがたくさんふくまれています。このグアニンは、ひかりたるとしろくかがやきます。そのために、はいってきたよわひかりつよくなって、くらいところでも、ネコはものがよくえるわけです。

おうちのかた
網膜もうまくには細胞さいぼうばれる神経しんけい細胞さいぼうがびっしりならんでいます。この細胞さいぼうひかりかんじているのです。細胞さいぼうあたまは、のレンズがわではなく眼底がんていがわいています。通常つうじょう細胞さいぼうあいだをすりけるひかりかんじているのです。
ネコは網膜もうまく脈絡膜みゃくらくまくという部分ぶぶん脈絡みゃくらくへきばんというひかり反射はんしゃばんがあり、ここでひかり反射はんしゃしています。ひかり網膜もうまくなか一度いちど反射はんしゃさせているため、ネコの細胞さいぼうはすりけるひかり反射はんしゃしたひかり両方りょうほうかんじることができるわけです。このような、ひかり増幅ぞうふくする仕組しくみをなかにもち、さらにグアニンの作用さようもありネコはくらいところでもよくえるというわけです。

このサイトについて|利用規約|プライバシー・ポリシー|お問い合わせ|ヘルプ
Gakken Copyright (C) Gakken Educational ICT Co.,Ltd. All rights reserved.
キッズネットは(株)学研教育アイ・シー・ティーの登録商標です。