学研キッズネット 自由研究2014 知る 遊ぶ 調べる 科学 キズネ子倶楽部 学習百科事典 サイトマップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ
職業調べナビゲーション 未来の仕事を探せ!
トップ >  指揮者

探してみよう

  • 職業別
  • 興味のあるジャンル
  • 働く場所
  • 自分のタイプ
  • 休暇
  • 結婚後の働きやすさ
お仕事熱血ストーリー
特集
診断してみようあなたに向く仕事!!
50音順仕事一覧
PR

指揮者

オーケストラ、吹奏楽団(すいそうがくだん)などで、それぞれのパートのえんそうをまとめ、音楽を表現する。音のバランスやテンポを調整するだけではなく、えんそうそのものをどう表現するかも指示する。

こんな人にぴったり

感動しやすい人。みんなをまとめるのが好きな人。自分のこだわりがある人。

どんな仕事

オーケストラをひとつにまとめ、えんそう中の音の表現をコントロールする

タクト(指揮ぼう)1本で、オーケストラや吹奏楽団をひとつにまとめ、すばらしい音楽を引き出すのが仕事だ。まずは楽譜を勉強して、作曲者の考えや伝えたいことを理解する。この予習がもっとも時間がかかる大変な作業だ。リハーサルではテンポや音の強弱、音色などをオーケストラの団員にこまかく指示し、音楽に対する自分の考えを伝える。そして本番では、曲の構成や情感を指揮者が思いのままにえん出し、聞いてくれるお客さんに感動をあたえるのだ。えんそうのすばらしさを決める、とても大切なポジションと言える。

これがポイント

音楽大学の指揮科で指揮について学ぶ

小さいころからピアノなどの楽器を習い、国内外の指揮科がある音楽大学に入り、本格的に指揮を学ぶ。その後、有名な指揮者のもとで勉強をつづけながら、チャンスがくるのを待つ。有名なコンクールで賞を取ったり、海外の歌げき場で指揮をしてデビューする人もいる。指揮者には音楽や楽器のことはもちろん、それ以外のことにも深い知識が求められる。いろいろなことにきょうみを持ち、ものごとを深く追求するしせいを身につけるといいだろう。

将来はこうなる

東京は大きなクラシック都市

指揮者として、海外でも活やくする日本人はまだまだ少ない。一方、日本には30ものプロのオーケストラがそんざいし、世界的に有名なウィーフィルやベルリン・フィル、ニューヨーク・フィルなどがよく来日している。つまり、年間の公えん数がかなり多く、ある意味、東京は大きなクラシック都市と言えるのだ。世界中の音楽ファンにもっと知られていけば、さらに指揮者の活やくの場も増えていくことだろう。

データボックス

収入は?

音楽家の収入は多くの場合非公開のため、指揮者のすいてい年収は400万円〜1000万円くらいと言われている。

休暇は?

土日は公えんが入るため、休めない。公えんの合間などに休みを取る。

職場は?

音楽ホール、歌げき場など。

結婚しても続けられる?

家族や周りの人の協力があれば、続けられる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!このボタンをクリックしてみよう!

ページトップに戻る
このサイトについて|利用規約|プライバシー・ポリシー|お問い合わせ|ヘルプ
Gakken Copyright (C) GAKKEN EDUCATION PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
キッズネットは(株)学研教育出版の登録商標です。