ユニ先生のアンニョン!韓国

結婚式

最近日本では豪華(ごうか)な結婚式ではなく、お金をかけない、いわゆる"ジミ婚"がはやりのようですが、韓国でも同じような傾向にあるんですよ。今回は韓国の結婚式についてお話ししましょう。

 韓国の結婚式は、披露宴(ひろうえん)はしないのが一般的で、会場は街にあるウエディングホールがよく利用されます。
 まず会場に到着すると、新婦側の知り合いは、式場の横にある部屋に行き、ウエディングドレス姿で待機している新婦にお祝いを言ったり、新婦と写真撮影をたりします。新郎側の知り合いは、外であいさつをしている新郎にお祝いの言葉をかけます。
 ご祝儀(しゅうぎ)は式の前に式場の受付で渡すというスタイルは日本と同じですが、受付する人は友達ではなく、男兄弟か親戚の男性です。

 結婚式の衣装は韓国でも白いウエディングドレスと、タキシードが主流になっています。新郎新婦が入場し、神父の結婚の誓いのあいさつで式が始まり、新郎新婦とその両親が結婚式に来てくれた人にあいさつをした後、新郎新婦はクラッカーやお祝いの声が飛び交う中を退場します。式は入場から退場まで30分程度の短いもので、この後親族や友達との集合写真を撮影して式は終了します。
 お客さんは、招待客だけの日本とちがい、招待状のない人でも参加することができるため、友達の結婚式に恋人を連れて行って、一緒に参加する場合も多いです。また、服装も日本のようにドレスアップしていく必要はなく、男性はスーツ、女性は失礼のない程度の服で参加します。

 この式の後、新郎新婦は別室に移り、「ペベッ」という韓国式の結婚の儀式を行います。ペベッというのは、新郎新婦が韓国の民族衣装を身にまとい、双方の親戚に対して「チョル」という伝統的なあいさつを行うことですが、一般の人は参加せず親族だけで行います。ペベッの間、お客さんは式場の食堂に移動し食事をします。食事の内容は、韓国料理のバイキングスタイルが一般的で、食べ終わったら各自自由に帰宅します。

 このように韓国の結婚式は、格式張ったものではなく、多くの人ににぎやかに祝ってもらうことが良いことと考えられています。それは、結婚式とは村中のお祝い事で、親戚や友人だけでなく村を訪ねる旅人までもが、美味しいご馳走でいっしょに祝い、喜ぶという、韓国の伝統的な考えが今日に伝わったためです。しかし多くの人に祝ってもらいたいという思いは、結婚式自体を盛大にしすぎてしまうことにもつながり、そこを改善するために国の政策としてその簡略化を図った結果、現在のような肩のこらない多くの人に祝福されるような結婚式となったのです。