■TOP PAGE ■What's New  ■平成14年度の研究 ■平成13年度の研究



研究のテーマ
「教科学習におけるデジタルコンテンツの活用に関する実践研究」

研究の目的

教室のコンピュータとプロジェクターを、教科学習の授業の中で効果的に活用した授業実践事例を収集し、それを広くインターネットで公開すること。

研究開発の進め方

尼崎市立教育総合センターの指導主事および尼崎市内の12校の小学校教員が中心となって、普通教室でインターネット接続可能な環境を構築して教育実践を行い、その事例を公開する。
実践研究の対象とするコンテンツは、既にインターネット上で無料公開されているコンテンツを中心に利用するが、そのほかにも、尼崎市立教育総合センターがホームページで公開中のコンテンツや、教員が一般に無料で入手可能なデジタルコンテンツなども利用する。
j実践授業の様子や指導案などをホームページにまとめて公開する。

研究用教材コンテンツリンク集

  研究に利用する推奨コンテンツホームページの紹介

  教科別のもくじ

国語
算数
理科
社会
その他

研究の成果

  参加教員が作成した学習指導案(120)

  IT活用の実践事例や指導案のリンク集

研究開発の実施期間

平成14年7月24日から平成15年3月31日



※研究の内容や成果について意見などがございましたら、事務局あてにメール等でご意見やご質問をお寄せください。
※会員の方は、ご自分のIDとパスワードを利用して、会員電子会議室専用に投稿してください。
※本研究は文部科学省 生涯学習政策局 「デジタルコンテンツの活用高度化事業」の委嘱を受けて実施しています。