楽しいエコ工作

3:古着で作るふかふかぞうり(すてる前に大変身)

着られなくなったTシャツからできているよ

古くなったTシャツなどを細く切ってあむと、はき心地のいいぞうりができあがるよ。いろいろな色でカラフルに作るといいね。

用意するもの

  • 着られなくなったTシャツなど
  • 荷づくり用のロープ(長さ3m)
  • 布(ぬの)
  • はぎれ(鼻お用)
  • はさみ
  • せんたくばさみ
  • 輪ゴム

〔注意〕

  • はさみやカッターなどの刃物(はもの)を使うときは、必ずおうちの方や先生など、大人の人といっしょに、安全に気をつけて使いましょう。
  • いらなくなった古着で作りましょう。
  • できあがったぞうりはすべらないように気をつけてはきましょう。
  • 工作が終わったら、道具はもとの場所にしまいましょう。

作り方

1.Tシャツを6cmはばに切り、両はじを引っぱってひもじょうにし、あみひもを作っておく。 2.太さ6mmくらいの荷作り用のロープ(長さ2.3m)のはしを結び、輪ゴムでとめる。図のように足の親指にかけ、交差部分をせんたくばさみでとめておく。 3.2.の★の所からあみ始める。上にあるロープにあみひもをかけ、左方向に2回まく。 4.ロープb、cの下に通したあみひもをdの上に出して2回まきつけ、b、cの上を通してaの下から左へ出す。次からは、a、b、c、dの上下をこうごに通してあむ。

5.あんで15cmくらいになったら、鼻おを付ける。ロープaと鼻おをひとまきして、本体と鼻おの間からあみひもを出す。 6.あみひもをロープaと鼻おの間を通して左に出し、鼻おのぬのもあみひもといっしょにあみこみながら、反対側まであむ。このとき、鼻おのしんのロープはうらに出したままにしておく。反対側も同様に鼻おを付ける。 7.そのまま22cm(足の大きさ)まであむ。最後は少しせばめてあみ、とめておいた輪ゴムを外し、1本ずつ引っぱってしめ、ロープを引ききる前にぬののはしをまいて、ロープをかくす。 8.鼻お立てで鼻おをはさんでぬいとめ、あみ目の間に差しこんでうらに出す。

9.本体をうら返し、8.で差しこんでうらに出した鼻お立てでロープをはさんで結びとめる。 [鼻お] 1.ロープ45cmを用意し、ぬのをまいてぬいとめる。 [鼻お] 2.鼻お用のぬの(5×45cm)を中表にして中央の25cmほどぬい、表に返して1.を通す。同様にして2本作る。 [鼻お立て] 3×25cmのぬのの中心10cmほどを中表にぬい、表に返してロープのよりをほどいたものを1本通す。

みんなでいろどる『学校デザインアイデア集』学校全体を楽しくデザイン!勉強や活動を楽しく行えます。