燃料電池車のひみつ

燃料電池車のひみつ ある日、大地(だいち)のけいたい電話にふしぎなメールが届いた。差出人(さしだしにん)は、宇宙同盟(うちゅうどうめい)?! いたずらメールだと思って相手にしなかった大地は、その夜、地球が熱を出して苦しむ、ふしぎな夢をみる。夢の中にあらわれた宇宙星(うちゅうせい)H17に住む宇宙人ホルスの話によると、地球を苦しめているのは、大地たち人類(じんるい)だと言う・・・

拡大して見る

燃料電池車のひみつ

第1章 0.6℃の危険
100年で地球の平均気温は0.6℃高くなりました
地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)の大きな原因は、二酸化炭素(にさんかたんそ)CO2が増えたせいです
植物の働き
第2章 解決のカギは二酸化炭素(にさんかたんそ)?
産業革命が化石(かせき)燃料(ねんりょう)を使いCO2を増やした
京都(きょうと)議定書(ぎていしょ)とは?
第3章 自動車の仕組みと歴史
ガソリンとエンジンの仕組み
日本の自動車(じどうしゃ)保有(ほゆう)台数(だいすう)はこんなに増えました
自動社の誕生と現代の車が生まれるまで
自動社の動く仕組みと構造(こうぞう)
ガソリン自動車と電気自動車
ガソリンエンジン以外の自動車
第4章 クリーンエネルギー
化石(かせき)燃料(ねんりょう)からクリーンエネルギーへ
自分でできるエコ生活
燃料(ねんりょう)電池(でんち)の仕組みはこうなっている
燃料(ねんりょう)電池(でんち)は宇宙で最初に使われました
燃料(ねんりょう)電池車(でんちしゃ)とホーム・エネルギー・ステーション
第5章 答えは燃料電池車だ!
FCX(エフシーエックス)の歩み
屋(や)久島(くしま)ゼロエミッションプロジェクト
燃料(ねんりょう)電池車(でんちしゃ)の仕組みはこうなっている
太(たい)陽光(ようこう)を使って水素(すいそ)をつくるステーション
第6章  夢の力

▲このページのトップにもどる