回転寿司のひみつ

回転寿司のひみつ時は2030年のニューヨーク。回転寿司(かいてんずし)のチェーン店で働くツバサとノゾミは、小学校の同級生で韓国人(かんこくじん)のジョンスと再会。思えば17年前、日本でジョンスとまぐろの加工工場に行ったり、海外でも日本のお寿司が人気だって話を聞いたりしたことが、3人とも回転寿司の世界で働くきっかけになったんだ。回るレーンからお寿司が出てくるまでに、どんなしかけがあるのかって考えてみたらワクワクしてくるよね。

拡大して見る

回転寿司のひみつ

第1章 ニューヨークで100店舗目がオープン
第2章 みんな大好き、回転寿司
人気のおすしを見てみよう
スシローのタッチパネルを使っておすしを注文してみよう!
回転寿司のおすし以外のメニュー
第3章 おいしさのひみつは、ネタにある!?
まぐろはどうやって加工されているの?
おすしの勉強をするところ!? すし塾ってなぁに?
人気のネタのこだわりを見てみよう!
第4章 お店の裏側には驚きがいっぱい
お店での衛生管理
まぐろは解凍法が重要
おすしのうまさはネタ以外にもある!?
お店の中を見てみよう!
回転すし総合管理システムってどんなものなの?
お店で働いている人は、どんな仕事をしているの?
第5章 新しいおすしはどうやって生まれるの?
ポスターの撮影現場に潜入!
新しいおすしができるまで
第6章 回転寿司が世界をつなぐ
日本から海外へ羽ばたく回転寿司

▲このページのトップにもどる