氷のひみつ

氷のひみつぼくはコウタ。今日はこれからサッカーの試合! 冷たいドリンクを飲みたいから、氷をたくさん持っていこうと思ったんだけど、うっかり者のお母さんが作るのを忘(わす)れちゃったみたい。コンビニにも売っていると言われてさがしてみると、そこには透明(とうめい)でつやつやした氷があったよ! 光にあたってキラキラかがやいている氷はまるで宝石(ほうせき)みたい。うっとりながめていると、そこに妖精(ようせい)のロクが現(あらわ)れて……!?

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

氷のひみつ

プロローグ 「コンビニの氷」との出合い
第1章 氷は家では作れないものだった!
冷蔵庫の歴史
冷蔵庫の冷やすしくみ
第2章 もっと昔、人間は氷を作れなかった!
昔の人たちと氷
第3章 売っている氷はなぜ透明?
氷の性質
第4章 できた氷は全国のコンビニへ
ふくろづめ氷ができるまで
第5章 氷工場の始まり
エピローグ 氷のある生活

▲このページのトップにもどる