火災報知機のひみつ

火災報知器のひみつ 時は江戸時代、10さいの正吉(しょうきち)は、火事の火を消す火消(ひけし)である父ちゃんが心配で、火事にいち早く気づく方法を考えていたら、土手から落ちて現代にタイムスリップしちゃった!? 江戸時代に戻るため、現代で出会った小学5年生のハヤトとナナと一緒に、火事にいち早く気づくための装置……「火災報知機」についてしらべていくよ。いったいどうやって火事を見つけているのかな?

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

火災報知器のひみつ

はじめに  江戸の町からタイムスリップ
【コラム】江戸時代の火事と消防
第1章  人のくらしに欠かせない火
第2章  火事を知らせてくれる火災報知機
【コラム】もしも火災がおきたら…
第3章  いろいろな火災報知機
【コラム】いろいろな感知器
【コラム】自動火災報知設備のしくみ
【コラム】住宅用火災警報器の設置
第4章  火災報知機工場へ行こう!
【コラム】煙感知器のしくみ
【コラム】熱感知器のしくみ
第5章  さまざまな消火設備
【コラム】消火設備の種類
【コラム】火災と消防設備の歴史
おわりに  火とともにくらしていくために

▲このページのトップにもどる