学研ほたるキャンペーン 学研ほたるネット

日本全国ホタル図鑑


写真・監修/大場信義

日本のホタルは約50種!
世界にいるホタルは約2000種が知られ、日本には約50種が生息しています。
ホタルと言えば、夜光る印象がありますが、約半数は成虫が昼行性で光らず、幼虫が光るタイプです。成虫のホタルは、いずれもえさを捕食せずに、水分のみ摂ります。幼虫時に貯えた栄養を、移動と熱を伴わない発光エネルギーなどに使い、寿命7日から20日の間、子孫を残すための活動に専念します。
夜行性のホタルは、オス・メスの交信手段に発光を用いますが、昼行性のホタルは、メスの性フェロモンなど、匂いが主な交信手段です。
成虫のメスには、はねが未発達の種や幼虫型のものも多くいます。
幼虫は全種で光り、水生のものはカワニナなど水生貝類を、陸生のものは小型巻貝などを食べ、いずれも、防御のため匂い物質を分泌し、「臭いから食べないで」と警告発光します。


トップページへ