ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**あおもり【青森(県)】

県名の由来

江戸(えど時代津軽藩(つがるはん現在(げんざい青森(あおもりの地に港をつくったとき,松林が青々として印象的(いんしょうてきだったため「青森(あおもり」とよんだのが地名の由来とされ,これを県名とした。

県庁所在地 青森(あおもり

県の面積 9645km2

県の人口 137万人

県の代表的な伝統工芸品と祭り

〔伝統工芸〕 ○津軽塗(つがるぬり

〔祭り〕 ○ねぶた(青森(あおもり市,8月2〜7日) ○ねぷた(弘前(ひろさき,8月1〜7日) ○えんぶり(八戸(はちのへ,2月17日〜20日)

位置(いち・地形・気候(きこう

青森県は,本州最北端(さいほくたんにあり,北は津軽海峡(つがるかいきょうをへだてて北海道(ほっかいどうと向かい合い,西は日本海,東は太平洋に面している。

北部には,津軽(つがる半島下北(しもきた半島陸奥湾(むつわんをかこむようにつきだしており,下北(しもきた半島の北部には恐山(おそれざん山地がある。津軽(つがる半島先端(せんたん龍飛崎(たっぴざきで,青函(せいかんトンネル北海道(ほっかいどうとむすばれている。

県の中央部には奥羽山脈(おううさんみゃくが南北に走り,山脈(さんみゃくの西側には岩木(いわきがつくった津軽(つがる平野が,東側には三本木原(さんぼんぎはらの台地が広がる。

気候(きこうは,全般に寒冷(かんれいだが,奥羽山脈(おううさんみゃく(さかいに,冬に雪が少ない太平洋(がわ気候(きこうと,雪の多い日本海(がわ気候(きこうに分かれる。

歴史(れきし

むかしの陸奥(むつの一部にあたる。古くはアイヌ民族(みんぞく居住(きょじゅう地だった。平安時代後期,安倍氏(あべし清原氏(きよはらし奥州藤原氏(おうしゅうふじわらしがあいついで実権(じっけんをにぎり,中央政府(せいふ対抗(たいこうした。

鎌倉(かまくら時代以降(いこうは,西の津軽(つがる地方は安倍氏(あべし子孫(しそんとされる安東氏(あんどうし,南東の南部(なんぶ地方は南部氏(なんぶし支配(しはい江戸(えど時代も,弘前藩(ひろさきはん津軽藩(つがるはん)と盛岡藩(もりおかはん南部藩(なんぶはん)の一部に分かれていた。

明治(めいじになって,1871(明治(めいじ4)年7月に弘前(ひろさき県など7県ができ,9月に合併(がっぺい後,青森(あおもり県となった。

産業(さんぎょう

耕地面積(こうちめんせきは全国4位,農業生産額(せいさんがくは8(で(2009年),農業がさかんな県である。農業の中心は津軽(つがる平野の稲作(いなさくとリンゴ栽培(さいばいで,米の生産量(せいさんりょうは全国11((2010年),リンゴは全国1(である。近年は,根菜(こんさいを中心に野菜栽培(やさいさいばいもふえており,ヤマノイモ・ニンジン・ダイコン・カブ・ゴボウの生産量(せいさんりょうは,いずれも全国5位内にある。畜産(ちくさんもさかんで,とくにブタ(2011年全国8()やブロイラー(2009年全国4()の飼育(しいく数が多い。

水産(すいさん業もさかんで,漁獲量(ぎょかくりょうは全国3((2009年),八戸(はちのへ港はイカ(るいを中心に全国4(の水((りょうをほこる(2005年)。また,陸奥湾(むつわんではホタテガイの養殖(ようしょくがさかんである。

工業生産額(せいさんがくは,全国41((2009年)。非鉄金属(ひてつきんぞく食料(しょくりょう品の生産額(せいさんがくが多い。工業が(もっともさかんなのは八戸(はちのへ市で,その生産額(せいさんがくは県全体の(やく3分の1をしめている。八戸(はちのへ市では化学工業もさかんである。六ヶ所(ろっかしょには核燃料処理施設(かくねんりょうしょりしせつ建設(けんせつが進んでいる。

日本一のリンゴ産地(さんち

青森(あおもり県のリンゴの栽培面積(さいばいめんせき生産量(せいさんりょうは,ともに全国の(やく半分をしめ,青森(あおもり県は日本一のリンゴ生産(せいさん県である。

リンゴ栽培(さいばいの中心地は,弘前(ひろさき市を中心とする津軽(つがる平野南部である。リンゴ栽培(さいばいは,すずしい気候(きこうと水はけのよい土壌(どじょうのところが(てきしているが,津軽(つがる平野南部のゆるやかな傾斜(けいしゃ地と岩木川ぞいは,この条件(じょうけんによくあっている。

青森(あおもり県でリンゴ栽培(さいばいが始まったのは1875(明治8)年のことで,政府(せいふから配られた数百本の苗木(なえぎ弘前(ひろさき周辺(しゅうへんの各農家が植えたのが始まりとされている。リンゴは津軽(つがる平野の気候(きこう風土にあって,栽培(さいばいは広がっていき,品種(ひんしゅ改良(かいりょうや,(ふくろかけで病害虫(びょうがいちゅうをふせぐなどの栽培技術(さいばいぎじゅつ改良(かいりょうによって,生産(せいさんも大きくのびていった。

品種(ひんしゅは,1970(昭和45)年ごろまでは酸味(さんみの強い「国光(こっこう」が中心だったが,人々のこのみにあわせて品種改良(ひんしゅかいりょうが進められ,現在(げんざい(あまみの強い「ふじ」を中心に,「ジョナゴールド」「つがる」「王林(おうりん」などが多く栽培(さいばいされている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。