ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

いけのたいが【池大雅】

(1723〜1776)江戸(えど時代中期の南画家。京都(きょうとの人。中国南宗画(なんしゅうが(南画)を学び,さらに日本の伝統(でんとう絵画や西洋画の表現法(ひょうげんほうをも加味(かみして,独自(どくじの画風を形成(けいせい与謝蕪村(よさぶそんとともに日本南画の大成(たいせい者とされている。「山水人物図襖絵(さんすいじんぶつずふすまえ」「楼閣山水図屏風(ろうかくさんすいずびょうぶ」「十便帖(じゅうべんちょう」など多くの名作をのこした。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。