ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

いっこういっき【一向一揆】

戦国(せんごく時代一向宗(いっこうしゅう浄土真宗(じょうどしんしゅう)の信徒(しんとたちがおこした一揆(いっき畿内(きない北陸(ほくりく・東海地方などでさかんにおこされたが,なかでも1488年の加賀(かが石川(いしかわ県)の一向一揆(いっこういっきでは,守護(しゅご大名富樫氏(とがししをほろぼし,(やく100年間,信徒(しんとたちが同国を支配(しはいした。

 一向一揆(いっこういっきは,村としてのまとまりの上に,(こう・組などの教団組織(きょうだんそしきがくわわったため,団結(だんけつが強かった。わかき日の徳川家康(とくがわいえやす三河(みかわ愛知(あいち県)の一向一揆(いっこういっきに苦しめられている。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。