ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*いんせい【院政】

天皇(てんのう(くらいをゆずって上皇(じょうこう法皇(ほうおうになってからも政治(せいじ実権(じっけんをにぎり,院庁(いんのちょうで行った政治(せいじ1086年,白河上皇(しらかわじょうこうが行ったのが最初(さいしょ鳥羽(とば後白河(ごしらかわと3代つづき,このころを院政(いんせい期という。政治(せいじの中心は院にうつり,摂関政治(せっかんせいじはおとろえていった。形としては江戸(えど時代までのこったが,ふつう承久(じょうきゅう(らん(1221年)までのことをさす。

 院政(いんせいの開始…入れ歯6つ(1086)の白河上皇(しらかわじょうこう

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。