ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*かまくらぶっきょう【鎌倉仏教】

平安時代(すえから鎌倉(かまくら時代にかけておこった新しい仏教(ぶっきょう

〔新仏教誕生(ぶっきょうたんじょう背景(はいけい この当時,戦乱(せんらん平氏(へいし滅亡(めつぼう天災(てんさいききんも多く,人々は社会不安(ふあんの中で心のよりどころをもとめた。しかし,それまでの仏教(ぶっきょう旧仏教(きゅうぶっきょう)は貴族(きぞく対象(たいしょうとして,教えがむずかしく,武士(ぶし庶民(しょみんの心のよりどころとはならなかった。こうした人々の要求(ようきゅうにこたえて鎌倉仏教(かまくらぶっきょう誕生(たんじょうし,わかりやすく,信仰(しんこうしやすい教えは公家(くげ武士(ぶし庶民(しょみん支持(しじを受けた。

他力本願(たりきほんがん自力本願(じりきほんがん 鎌倉仏教(かまくらぶっきょうは,大きくわけると,2つの系統(けいとうにわかれる。

(1)他力本願(たりきほんがん(ほとけの力にすがってすくいをもとめる仏教(ぶっきょう浄土(じょうど発展(はってんさせ「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ」の念仏(ねんぶつをとなえる念仏宗(ねんぶつしゅう法然(ほうねんの開いた浄土宗(じょうどしゅう親鸞(しんらん浄土真宗(じょうどしんしゅう一遍(いっぺん時宗(じしゅう)と,「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう」と題目(だいもくをとなえる日蓮(にちれんの開いた日蓮(にちれん法華(ほっけ(しゅうとがある。

(2)自力本願(じりきほんがん座禅(ざぜんによって自分の力で(さとりを開く仏教(ぶっきょう禅宗(ぜんしゅう)。(そう(中国)からつたえられ,栄西(えいさいが開いた臨済宗(りんざいしゅう道元(どうげんによる曹洞宗(そうとうしゅうがあり,武士(ぶしのあいだに広まる。

 新仏教(ぶっきょうの動きにうながされ,旧仏教(きゅうぶっきょう(がわにも反省(はんせいが生まれ,叡尊(えいそん忍性(にんしょうのように,戒律(かいりつ復興(ふっこう貧民救済(ひんみんきゅうさいの社会事業を行ったりした。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。