ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*かんごうふ【勘合符】

室町(むろまち時代,日本と(みん(中国)との貿易(ぼうえきのさいに,商人と海賊(かいぞく倭寇(わこう)を区別(くべつするために用いた一種(いっしゅ証明(しょうめい書。日本および(みんの船はそれぞれの勘合符(かんごうふ持参(じさんして渡航(とこうし,相手先にある原本(勘合底簿(かんごうていぼ)と照合(しょうごうして,正式の貿易(ぼうえき船であることが確認(かくにんされた。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。