ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

かんじゅせいしゃ【感受性者】

感染症(かんせんしょうが発生するとき,病原体侵入(しんにゅうを受ける人のこと。体調や栄養状態(えいようじょうたいがよく,抵抗(ていこう力があると,病原体が侵入(しんにゅうしても感染(かんせんしなかったり,感染(かんせんしても発病しなかったりするので,日常(にちじょう健康管理(けんこうかんりがたいせつなことになる。感染源(かんせんげんをなくすこと,感染経路(かんせんけいろ(つこと,感受性(かんじゅせい対策(たいさくの3つが感染症予防(かんせんしょうよぼうの3原則(げんそくといわれる。

 予防接種(よぼうせっしゅなども感受性(かんじゅせい対策(たいさくの1つである。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。