ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*きゅうこん【球根】

植物の地下(けいや根が特別(とくべつ大きくなったものをいう。栄養(えいようをたくわえ,(がでてくる部分をそなえていて,地上部の植物がかれても,翌年(よくねん,新しい植物がめばえてくる。球根にもいろいろなタイプがある。(うろこのように何(まいもかさなっている鱗茎(りんけいタイプが,ユリ・チューリップスイセンなど。地下(けい球状(きゅうじょうになった球茎(きゅうけいタイプが,グラジオラス・アヤメなど。根が大きくイモ(じょうになった塊根(かいこんタイプが,ダリヤ・ラナンキュラスなど。

 球根を植えるときには,(がでる部分をよく知り,その部分を上にして,植えることが大事。植える深さも球根によって(ことなるので注意。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。