ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**キリストきょう【キリスト教】

イエス=キリストを神の子と(しんじ,神の(あいによる(たましい救済(きゅうさいをもとめる宗教(しゅうきょう仏教(ぶっきょう・イスラム教とともに世界の3大宗教(しゅうきょうの1つ。イエスの刑死(けいし後,弟子たちがローマ帝国(ていこく各地(かくち伝道(でんどうを開始してからは,教えもユダヤ教伝統(でんとうからはぬけ出し,また,ヘレニズム文化をとりいれて成長(せいちょうした。教団(きょうだんはときに迫害(はくがいを受けながらも,4世紀初(せいきはじめにはローマ帝国(ていこく公認(こうにんされた。ローマ帝国(ていこく分裂(ぶんれつ後は,ギリシャ正教会カトリック教会に分かれて発展(はってんし,中世ヨーロッパ世界をささえる大きな柱となった。◇16世紀(せいき,カトリック教会の堕落(だらく抗議(こうぎして宗教改革(しゅうきょうかいかくがおこり,プロテスタント(しょ教会が始まった。

 日本へは1549年,イエズス会宣教師(せんきょうしザビエルがつたえた。その教えはキリシタンとよばれ,しだいに信者(しんじゃをふやしたが,豊臣秀吉(とよとみひでよし江戸幕府(えどばくふ支配(しはいのさまたげになるとして弾圧(だんあつし,江戸(えど時代には表面的(ひょうめんてきには見られなくなった。(やく260年後の1873(明治(めいじ6)年,欧米諸国(おうべいしょこく要求(ようきゅうのもとでキリスト教が解禁(かいきんとなり,自由な伝道(でんどうがゆるされた。

 キリスト教伝来(でんらい以後(いごよく(1549)(しんじよキリスト教

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。