ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

くぎれ【句切れ】

和歌途中(とちゅうで,意味や調子のうえから流れがいったん切れるところ。(切れの位置(いちによって,初句(しょく切れ・二(切れ・三(切れ・四句切(くぎれという。

 初句(しょく切れ「(こい (しおの遠鳴りかぞ(ては少女(おとめとなりし父母の家」(与謝野晶子(よさのあきこ)。二(切れ「白鳥は悲しからずや 空の(あお海のあ(にも(まずただよ(」(若山牧水(わかやまぼくすい)。三(切れ「手を(りてはげしき声に(さけびたり この嬰子(みどりご(いかりそめたる」(窪田章一郎(くぼたしょういちろう)。四(切れ「朝あけて船より鳴れる太笛(ふとぶえのこだまはながし (みよろ(山」(斎藤茂吉(さいとうもきち)。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。