ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*くすのきまさしげ【楠木正成】

(?〜1336)南北朝(なんぼくちょう時代武将(ぶしょう河内(かわち大阪(おおさか府)の小豪族(ごうぞくで,1331年,後醍醐天皇(ごだいごてんのう倒幕(とうばく挙兵(きょへい(おうじ,天皇(てんのうに味方して奮戦(ふんせんし,鎌倉幕府(かまくらばくふ(ぐんをなやませた。建武(けんむ新政(しんせいでは河内(かわちなどの国守と守護(しゅごをかねたが,足利尊氏(あしかがたかうじが新政府(せいふにそむくと,これとたたかい,いったんは尊氏(たかうじを九州に敗走(はいそうさせた。しかし,やがて勢力(せいりょくをもり返した尊氏(たかうじ(ぐん湊川(みなとがわ神戸(こうべ市)にむかえうち,力つきて戦死(せんしした。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。