ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

クモガタヒョウモン

ヒョウモン(るいの中ではもっとも早く,5月上旬(がつじょうじゅん中旬(ちゅうじゅんから羽化を始めるチョウ後ろ羽のうらに雲の形の模様(もようがあることからこの名がある。年1回の発生で,7〜8(がつに活動を休止したあと,ふたたび秋にすがたをあらわす。低山(ていざん雑木(ぞうき林にすみ,ゆるやかに(びながらアザミやウツギ・オカトラノオなどで吸蜜(きゅうみつする。開張(かいちょう:65〜75mm。(られる時期(じき:5〜10(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。