ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

くらたひゃくぞう【倉田百三】

(1891〜1943)大正時代から昭和時代初期(しょき(げき作家・評論(ひょうろん家。広島(ひろしま県に生まれる。病気のため第一高等学校(今の東京(とうきょう大学教養(きょうよう学部の前身)を中退(ちゅうたい。はじめ哲学(てつがく西田幾多郎(にしだきたろう影響(えいきょうを受け,やがて長い闘病(とうびょう生活のなかで宗教的(しゅうきょうてきな人生(かんをもつようになり,文学に関心(かんしんを向けた。代表作『出家(しゅっけとその弟子(でし』は各国(かっこく語に翻訳(ほんやくされ,ロマン=ロランにも激賞(げきしょうされた。そのほか,戯曲(ぎきょく俊寛(しゅんかん』や評論(ひょうろん集『(あい認識(にんしきとの出発』も多くの青年たちに愛読(あいどくされた。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。