ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*くろだせいき【黒田清輝】

(1866〜1924)近代の洋画家。本名は「きよてる」。鹿児島(かごしま県に生まれる。はじめ法律(ほうりつを学ぶためにフランスに留学(りゅうがくしたが,途中(とちゅうで画家に転向。ラファエル=コランについて絵を学び帰国後,東京美術(とうきょうびじゅつ学校現東京芸術(げんとうきょうげいじゅつ大学)の西洋画科の教授(きょうじゅとなり,印象派(いんしょうはの画風を移入(いにゅうした。また白馬(はくば会を創立(そうりつ,新しい洋画の発展(はってんにつくした。印象派(いんしょうはの明るい調子を基調(きちょうにした,格調(かくちょうの高い画風が特色(とくしょく。代表作に「読書」「湖畔(こはん」がある。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。