ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

グロチウス

(1583〜1645)オランダの法学(ほうがく者。「自然法(しぜんほうの父」「国際法(こくさいほう(」といわれる。1619年,宗教(しゅうきょう上の(あらそいにまきこまれてとらえられたが,フランスにのがれ,ルイ13世の保護(ほごのもとで研究をつづけ,『戦争(せんそうと平和の(ほう』を書いた。この中でかれは,国際(こくさい間の(あらそいは国際法(こくさいほうによって解決(かいけつすべきであるとのべている。◇また,『海洋自由論』でグロチウスが主張(しゅちょうした公海自由の原則(げんそくは,近代国際法(こくさいほう重要(じゅうよう原則(げんそくとなった。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。