ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ぐんきもの【軍記物】

戦乱(せんらんをテーマにした物語文学。軍記物語(ぐんきものがたり戦記物語(せんきものがたりともいう。鎌倉(かまくら室町(むろまち時代に多く書かれ,なかでも鎌倉(かまくら時代成立(せいりつの『平家物語(へいけものがたり』『保元物語(ほうげんものがたり』,室町(むろまち時代成立(せいりつの『太平記(たいへいき』などが知られる。『源平盛衰記(げんぺいせいすいき』は最大長編(さいだいちょうへんである。語り物として発達(はったつしたため,作者はいずれも明らかでない。後世の人々が筆をくわえ,おぎなっていったものだが,仏教(ぶっきょう無常観(むじょうかん背景(はいけいに,和漢混交(こんこう文(和文体の中に,漢文訓読(くんどく体がまじった文体)で戦乱(せんらんのようすや英雄(えいゆう活躍(かつやくと死を,生き生きとえがいている。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。