ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**けんとうし【遣唐使】

7〜9世紀(せいきに,日本から(とう(中国)に送られた使節(しせつ

遣唐使(けんとうし派遣(はけん 遣隋使(けんずいしにひきつづき,遣唐使(けんとうしは630年の犬上御田鍬(いぬがみのみたすき派遣(はけんに始まり,894年に菅原道真(すがわらのみちざね提案(ていあんによって廃止(はいしされるまで,十数回派遣(はけんされた。目的(もくてき(とうとの友好(ゆうこうをたもち,すぐれた(とう制度(せいどや文化をとりいれるとともに,朝鮮(ちょうせんなど東アジアの情報(じょうほう(ることにあった。遣唐使(けんとうし船には大使・副使(ふくしのほか,留学生(りゅうがくせい留学僧(りゅうがくそうが乗りこみ,ふつう400〜500人が4せきの船で渡海(とかいした。最初(さいしょ朝鮮(ちょうせん半島ぞいの北路をとった。しかし,8世紀(せいき新羅(シルラとの関係(かんけいが悪化すると,東シナ海の荒海(あらうみ横断(おうだんする南路がとられた。

 まだ造船(ぞうせん航海術(こうかいじゅつ未熟(みじゅくであった当時,航海(こうかいはたいへん危険(きけん遭難(そうなんすることも多かった。

(とう文化の伝来(でんらい 危険(きけんをおかして(とうにわたった人に,阿倍仲麻呂(あべのなかまろ吉備真備(きびのまきび・玄(ぼう山上憶良(やまのうえのおくら最澄(さいちょう空海(くうかいらの留学生(りゅうがくせい留学僧(りゅうがくそうがおり,かれらがもたらした書籍(しょせき経典(きょうてん,また(とうの新しい制度(せいどや文化は,日本の律令(りつりょう体制(たいせい整備(せいびや文化の発展(はってんに役だった。また,鑑真(がんじんのように,たび重なる遭難(そうなんにもめげずに遣唐使(けんとうしの帰国船で日本に来た(そうもいた。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。