ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*こばやしいっさ【小林一茶】

(1763〜1827)江戸(えど時代後期の俳人(はいじん通称弥太郎(つうしょうやたろう信濃(しなの長野(ながの県)柏原(かしわばらの農家に生まれる。継母(けいぼ冷遇(れいぐうされ,江戸(えどにでて奉公(ほうこう生活を送りながら俳句(はいくを学んだ。以後(いご江戸(えど漂泊(ひょうはく生活をするかたわら句作(くさくにはげみ,一方10年間にわたって異母弟(いぼていと父の遺産争(いさんあらそいをし,50(さいをすぎてから故郷(こきょうにおちついた。そのときの(が「これがまあ(つい(すみかか雪五(しゃく」である。それ以降(いこう妻子(さいしに先立たれるなど,不遇(ふぐう生涯(しょうがいであったが,童心と弱者への同情(どうじょう心を終生うしなわず,生活(俳人(はいじんとして異彩(いさいを放った。代表作に句文集(くぶんしゅうおらが春』や『七番日記』(9年間の一茶の日記)などがある。◇「めでたさも中くらいなりおらが春」「涼風(すずかぜの曲りくねって(きたりけり」

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。