ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*こめそうどう【米騒動】

1918(大正7)年,米価(べいか(上がりが原因(げんいんでおこった全国的(ぜんこくてき民衆(みんしゅう暴動(ぼうどう第一次世界大戦(たいせんによって日本は好景気(こうけいきにわき,大もうけした成金(なりきんがでる反面,物価(ぶっかもうなぎのぼりに上昇(じょうしょうしたため,労働(ろうどう者の生活は苦しくなった。1918年には,シベリア出兵(しゅっぺいなどで政府(せいふが米を買いいれ,米商人の買いしめや売りおしみで米価(べいか戦前(せんぜんの4倍にもなった。1918年7月,富山(とやま魚津(うおづ漁村(ぎょそん主婦(しゅふたちはたまりかねて米屋におしかけ,安売りを要求(ようきゅうした。これをきっかけに騒動(そうどうはたちまち全国に広がり,各地(かくち群衆(ぐんしゅうが米商人や大商人などをおそう暴動(ぼうどうが2か月近くもつづいた。政府(せいふ警察(けいさつ軍隊(ぐんたいを出動させ,安い外国米を輸入(ゆにゅうするなどして騒動(そうどうをしずめた。

 米騒動(そうどう寺内内閣(てらうちないかくはたおれ,代わって政友(せいゆう原敬(はらたかしを首相とする本格的(ほんかくてき政党内閣(せいとうないかく誕生(たんじょうした。

 原敬内閣(はらたかしないかく…人食いは(1918)ぐれてはらが立つ

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。