ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*しゃかさんぞん【釈迦三尊】

仏像配置(ぶつぞうはいちの1形式である三尊仏(さんぞんぶつ一種(いっしゅ釈迦如来(しゃかにょらいを中心に,左に薬王菩薩(やくおうぼさつ,右に薬上菩薩(やくじょうぼさつ,または左に文殊菩薩(もんじゅぼさつ,右に普賢菩薩(ふげんぼさつを配する。

 法隆寺(ほうりゅうじ金堂(こんどう本尊(ほんぞんである釈迦三尊像(しゃかさんぞんぞうは,鞍作鳥(くらつくりのとり止利仏師(とりぶっし)が623年につくったものといわれ,左右対称(たいしょう厳格(げんかく構成(こうせいなど,飛鳥彫刻(あすかちょうこく特徴(とくちょう(しめす代表作であり国宝(こくほう

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。