ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*じゅうしちじょうのけんぽう【十七条の憲法】

604年,聖徳太子(しょうとくたいしが定めた日本最初(さいしょ成文法(せいぶんほう憲法十七条(けんぽうじゅうしちじょうともいう。憲法(けんぽうとよばれているが,今日の憲法(けんぽうとはちがい,和の尊重(そんちょう天皇(てんのうへの服従(ふくじゅうなど,役人や豪族(ごうぞくなどがまもるべき心得(こころえを明らかにしたものである。

 十七条(じゅうしちじょう憲法(けんぽうのおもな内容(ないよう

(じょう 和を(たっとび,人にさからうことのないよう心がけよ。

(じょう 三宝(さんぼうをあつく(うやまえ。三宝(さんぼうとは,仏像(ぶつぞう経典(きょうてん僧侶(そうりょである。

(じょう 天皇(てんのう命令(めいれいである(みことのりを受けたなら,かならずつつしんでしたがうように。君主こそ天であり,(しんは地である。

(じょう 官吏(かんり(役人)は礼を基本(きほんとし,人民(じんみん統治(とうちする基本(きほんは礼である。

(じょう 美食や財貨(ざいかへの欲求(よっきゅうにもとづく賄賂(わいろを受けることなく,公明公正に訴訟(そしょうをさばくこと。

(じょう 官吏(かんりは,各任務(かくにんむがあるので,職務(しょくむをあやまらないようにせよ。

(じょう 官吏(かんりは早く出勤(しゅっきんして仕事をし,おそく退出(たいしゅつせよ。

十二(じょう 国司(くにのみこともち国造(くにのみやつこ百姓(おおみたから一般(いっぱんの人々)からかってに(ぜいをとってはならない。国に二人の君はありえず,人民(じんみんに二人の主はないと心得(こころえよ。

十三(じょう 官吏(かんりたちは,自分の職掌(しょくしょうをよく承知(しょうちせよ。

十五(じょう 私心(ししんをさって公につくすことは,臣民(しんみんの道である。

十七(じょう 重大なことがらを決定するには,独断(どくだんで決めてはならない。かならず人々とよく議論(ぎろんをつくすべきである。 (『日本書紀(にほんしょき』)

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。