ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**しょうとくたいし【聖徳太子】

(574〜622)飛鳥(あすか時代政治(せいじ家。

天皇(てんのう中心の国づくり〕 用明天皇(ようめいてんのう皇子(おうじで,母が宮中の馬小屋の前に来たとき生まれたとつたえられ,廐戸皇子(うまやどのおうじとよばれた。593年,20(さいでおばの推古天皇(すいこてんのう摂政(せっしょう天皇(てんのうの代理)となり,大臣(おおおみ蘇我馬子(そがのうまこ協調(きょうちょうしながら政治(せいじを行った。太子の(ねがいは,豪族(ごうぞくたちの(あらそいをやめさせて天皇(てんのう中心の強力な国家をつくることにあり,冠位十二階(かんいじゅうにかいを定めて有能(ゆうのう人材(じんざいを役人に登用したり(603年),十七条(じゅうしちじょう憲法(けんぽう豪族(ごうぞくや役人の心がまえを(いた(604年)。また,小野妹子(おののいもこ遣隋使(けんずいしとして中国につかわし(607年),(ずいと対等の国交を開き,大陸(たいりくの文化や制度(せいど移入(いにゅうした。

仏教(ぶっきょうをさかんにする〕 太子はまた,仏教(ぶっきょうを深く信仰(しんこうし,これを日本でもさかんにしようとして,594年に仏教興隆(ぶっきょうこうりゅう(みことのりを出した。そして,四天王寺(してんのうじ法隆寺(ほうりゅうじをたてる一方,経典(きょうてんを研究し,「三経義疏(さんぎょうぎしょ」という注釈(ちゅうしゃく書をあらわした。太子の仏教奨励策(ぶっきょうしょうれいさく結果(けっか,都のあった飛鳥(あすか地方奈良盆地(ならぼんちの南部)を中心に,すぐれた仏教(ぶっきょう文化がさかえた。

 太子の政治(せいじとして,冠位十二階(かんいじゅうにかい十七条(じゅうしちじょう憲法(けんぽう遣隋使(けんずいしなどが重要(じゅうよう飛鳥文化(あすかぶんか

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。