ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**そんのうじょういうんどう【尊王攘夷運動】

幕末(ばくまつにさかんに行われた反幕府(ばくふ運動。「天皇(てんのう(たっとび,外国勢力(せいりょくを追いはらう」というのが言葉の意味。

尊王攘夷(そんのうじょうい運動の高まり〕 江戸(えど時代には,君臣(くんしん(べつ(朱子学(しゅしがくや,古代天皇制(てんのうせい復活(ふっかつ(国学がさかんになるなかで,天皇(てんのう朝廷(ちょうてい)を(たっと尊王論(そんのうろんが高まった。また,幕末(ばくまつには外国船がさかんに来航(らいこうし,その圧力(あつりょくが強まると,外国人の排斥(はいせきをとなえる攘夷論(じょういろんが強くなった。開国後,社会が混乱(こんらんすると,外国に対して弱腰(よわごし幕府(ばくふと,外国勢力(せいりょくに対する反感が強まり,尊王論(そんのうろん攘夷論(じょういろんがむすびつき,下級武士(ぶしを中心として尊王攘夷(そんのうじょうい運動がおこった。

尊王攘夷(そんのうじょういから倒幕(とうばくへ〕 幕府(ばくふ大老(たいろう井伊直弼(いいなおすけによる弾圧(だんあつ安政(あんせい大獄(たいごく)や,専制的態度(せんせいてきたいどをあらためた幕府(ばくふ公武(こうぶ合体政策(せいさくなどは尊王攘夷(そんのうじょうい運動を刺激(しげきして,運動はますますはげしくなった。尊王攘夷派(そんのうじょういはの人々は外国人をおそい,長州藩(ちょうしゅうはん山口(やまぐち県)などは外国船を砲撃(ほうげきした。しかし,尊王攘夷(そんのうじょうい運動の中心にあった長州藩(ちょうしゅうはんや,薩摩藩(さつまはん鹿児島(かごしま県)は,四国艦隊下関砲撃事件(かんたいしものせきほうげきじけん薩英戦争(さつえいせんそうで外国勢力(せいりょくの実力を見せつけられて攘夷(じょうい不可能(ふかのうをさとると,開国・倒幕(とうばくへと転換(てんかんし,倒幕(とうばく運動がくりひろげられるようになった。

 尊王攘夷(そんのうじょうい運動ははじめ水戸藩(みとはん茨城(いばらき県)が中心になったが,1862年ごろから,下級武士(ぶし(はん実権(じっけんをにぎる長州藩(ちょうしゅうはんへとうつっていった。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。