ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*タイ(王国)

アジア(しゅう東南(とうなんアジアにある,インドシナ半島(はんとう中央部(ちゅうおうぶをしめる(くに政治体制(せいじたいせい立憲君主制(りっけんくんしゅせいで,元首(げんしゅ国王(こくおう首都(しゅとバンコク面積(めんせき:51.3(まんkm2(2015年),人口(じんこう:6904(まん(2017年)。言語(げんご:タイ(公用語(こうようご),ラオ(など,宗教(しゅうきょう仏教(ぶっきょうなど,民族(みんぞく:タイ(じん(シャム・ラオなど),中国系(ちゅうごくけいなど。

自然(しぜんのようす〕

中央部(ちゅうおうぶチャオプラヤ(メナム)(がわ(ながれ,その下流域(かりゅういき三角州(さんかくす形成(けいせいされている。北部(ほくぶ西部(せいぶ山岳地帯(さんがくちたい東部(とうぶにコラート台地(だいちがある。気候(きこう熱帯(ねったい(ぞくし,年中高温(ねんじゅうこうおんで,モンスーン影響(えいきょうにより5〜10月は雨季(うき,11〜4月は乾季(かんきになる。

〔あゆみ〕

14世紀(せいきアユタヤ王朝(おうちょう成立(せいりつしてさかえた。18世紀(せいきにはビルマにほろぼされたが,まもなく現在(げんざい王朝(おうちょう成立(せいりつした。その(ヨーロッパ諸国(しょこく進出(しんしゅつによって国土(こくど一部(いちぶがけずられたが,東南(とうなんアジアでただ1国独立(こくどくりつ(まもった。歴史的(れきしてき王朝遺跡(おうちょういせき仏教遺跡(ぶっきょういせきがのこる。

産業(さんぎょうのようす〕

主産業(しゅさんぎょう農業(のうぎょうであるが,近年(きんねん工業(こうぎょう発展(はってんがいちじるしい。世界有数(せかいゆうすう(こめ輸出国(ゆしゅつこくで,チャオプラヤ(メナム)川下流域(がわかりゅういき三角州(さんかくす主産地(しゅさんち天然(てんねんゴム砂糖(さとう輸出(ゆしゅつ世界有数(せかいゆうすう。かつては,(こめ天然(てんねんゴム・スズなどの輸出(ゆしゅつにたよってきたが,近年(きんねんは,機械(きかい自動車(じどうしゃなど工業製品(こうぎょうせいひん輸出(ゆしゅつがのびている。鉱産資源(こうさんしげんはスズ・タングステンなどを産出(さんしゅつし,近年(きんねん天然(てんねんガス(でん開発(かいはつされた。工業化(こうぎょうかは,外国(がいこく援助(えんじょ企業(きぎょう誘致(ゆうちによって(すすめており,繊維(せんい電機(でんき化学(かがく自動車(じどうしゃなどの工業(こうぎょう都市周辺(とししゅうへん発達(はったつしている。

社会(しゃかいのようす〕

宗教的(しゅうきょうてきには上座部仏教(じょうざぶぶっきょう(くに国民(こくみん熱心(ねっしん仏教徒(ぶっきょうとで,男子(だんしはだれでも一度(いちど仏門(ぶつもん(はい習慣(しゅうかんがある。商業(しょうぎょうでは華人(かじん華僑(かきょう活躍(かつやく(だつ。

〔日本との関係(かんけい

17世紀(せいきには朱印船(しゅいんせん渡来(とらいし,アユタヤに日本町(にほんまちがつくられた。現在(げんざいは,進出(しんしゅつする日本企業(きぎょう(おおく,タイにとって日本は重要(じゅうよう貿易相手国(ぼうえきあいてこく

〔日本との貿易(ぼうえき

タイから日本への輸出(ゆしゅつ電気機器(でんききき一般機械(いっぱんきかいなど。

タイの日本からの輸入(ゆにゅう一般機械(いっぱんきかい電気機器(でんききき鉄鋼(てっこうなど。(2015年)

国名(こくめい由来(ゆらい

タイ(じん名称(めいしょう由来(ゆらいするが,現在(げんざいは「自由(じゆう(くに」(ムアン=タイ)という意味(いみ

国旗(こっき由来(ゆらい

(あか国民(こくみん(しろ建国(けんこく伝説(でんせつ(てくる白象(びゃくぞう仏教徒(ぶっきょうとを,(あお王室(おうしつおよび国土(こくどをうるおすチャオプラヤ(メナム)(がわ(あらわしている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。