ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*だいにほんし【大日本史】

水戸藩(みとはんによって(へんさんされた歴史(れきし書。397(かん1657年に徳川光圀(とくがわみつくに尊王(そんのう目的(もくてき(へんさんを始めた。神武天皇(じんむてんのうより後小松天皇(ごこまつてんのうまで紀伝体(きでんたいによってのべ,本紀(ほんぎ列伝(れつでん(・表からなる。皇位(こういから神功皇后(じんぐうこうごうをのぞき,弘文天皇(こうぶんてんのうをくわえ,南朝正統(せいとうとした点が特色(とくしょく光圀(みつくにの死後も(へんさんはつづき,1906(明治(めいじ39)年に完成(かんせいした。

 (へんさんの過程(かてい水戸学(みとがくがはぐくまれ,尊王(そんのう思想の形成(けいせいに大きく影響(えいきょうした。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。