ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**たいらのきよもり【平清盛】

(1118〜1181)平安時代末期(まっき平氏(へいし全盛(ぜんせい期をきずいた武将(ぶしょう忠盛(ただもりの長男。保元(ほうげん(らん平治(へいじ(らん源氏(げんじをおさえて中央政界(せいかいに進出し,1167年に太政大臣(だいじょうだいじんとなり,むすめの徳子(とくこ高倉天皇(たかくらてんのう(きさきとした。この間,一族を朝廷(ちょうてい高位高官(こういこうかんにつけ,西国に500あまりの荘園(しょうえんをもち,30(か国を知行(ちぎょう国として全盛(ぜんせいをほこった。のち,後白河上皇(ごしらかわじょうこうと対立すると院政(いんせいをやめさせ,徳子(とくこのうんだ安徳天皇(あんとくてんのう即位(そくいさせ,外祖父(そふ(母方の祖父(そふ)として独裁政治(どくさいせいじを行った。そのため,反感をいだくものがふえ,各地(かくち源氏(げんじ挙兵(きょへいするさなか,熱病(ねつびょうで死んだ。◇清盛(きよもりはまた,父の代から関係(かんけいした日宋貿易(にっそうぼうえき積極的(せっきょくてきにとりくみ,大輪田泊(おおわだのとまり神戸(こうべ港)を修築(しゅうちくし,瀬戸内(せとない海の水運をさかんにした。

 清盛(きよもり武家(ぶけの出身でありながら,藤原氏(ふじわらしにならって貴族(きぞく(てき政治(せいじを行った。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。