ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ちかけい【地下茎】

地下にある(くき。根に(ているが,りん(ぺん(じょうの葉のあること,(があることなどで区別(くべつができる。一般(いっぱんにデンプンやイヌリンなどの養分(ようぶんをたくわえて,肥厚(ひこうしているものが多い。形の上から,根茎(こんけい(タケ(るいアマドコロ)・りん(けい(ユリ(るいタマネギ)・塊茎(かいけい(ジャガイモ・キクイモ)・球茎(きゅうけいサトイモ・クワイ)に区別(くべつする。多くは地下(けい冬芽(ふゆめができ,春に新しい地上(けいを出す。

 農業や園芸(えんげいでは繁殖(はんしょく利用(りようする。たいせつな食料(しょくりょうとなるものが多い。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。