ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ちそかいせい【地租改正】

明治維新(めいじいしんのときに行われた土地課税方法(かぜいほうほう改革(かいかく

地租改正(ちそかいせい内容(ないよう 明治(めいじになっても,政府(せいふ財源(ざいげんの多くは農民(のうみんがおさめる米にたよっていた。ところが,この租税(そぜいは,地方によって税率(ぜいりつがまちまちであり,また,おさめるものは米であったので,年によって収穫(しゅうかくに多少の(があり,政府(せいふ収入(しゅうにゅう不安定(ふあんていであった。そこで政府(せいふ国庫(こっこ収入安定(あんていのため,土地の所有者に地券(ちけん(所有者の名前・面積(めんせき地価(ちか地租額(ちそがくを記入した証書(しょうしょ)を交付(こうふして土地の所有(けんをみとめ,1873(明治(めいじ6)年から地租改正(ちそかいせいを行った。地租改正(ちそかいせいは,

(1)米を現金(げんきんにかえておさめさせる,

(2)課税(かぜい基準(きじゅんを,収穫(しゅうかく高から地価(ちか(土地のねだん)にあらためる,

(3)税率(ぜいりつ地価(ちかの3%とし,土地の所有者に(ぜいをおさめさせる,

というものであった。

地租改正(ちそかいせい結果(けっか 地租改正(ちそかいせいによって政府(せいふ財政収入(ざいせいしゅうにゅうは安定したが,これまでより収入(しゅうにゅうがへらないように地価(ちかを高めに定めたので,税率(ぜいりつ(かるくならず,農民(のうみん負担(ふたんは重かった。米を商人に買いたたかれ,村人が共同(きょうどう利用(りようしていた入会(いりあい地は官有(かんゆう地とされ,生活に苦しむ農民(のうみん不満(ふまんが高まった。各地(かくち地租改正(ちそかいせい反対の一揆(いっきがおこり,政府(せいふは1877年に地租(ちそ地価(ちかの3%から2.5%に引きさげた。

 地租改正(ちそかいせいが始まる…人は(なみだ(1873)の地租改正(ちそかいせい

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。