ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**つき【月】

地球衛星(えいせいで,地球に(もっとも近い天体。地球からの平均距離(へいきんきょりは38万4400km,月の半径(はんけいは地球のほぼ4分の1,太陽の400分の1の1738km(赤道半径(はんけい)で,地球からは太陽も月もほぼ同じくらいの大きさに見え,視半径(しはんけい平均(へいきん15分33秒である。質量(しつりょうは地球の81.3分の1で,7.35×1022kg,平均密度(へいきんみつどは3.34g/cm3(地球の(やく0.6倍),表面重力は地球の(やく6分の1である。

〔月の表面〕 月を見ると,明るい地域(ちいきと暗い地域(ちいきに分かれている。明るい地域(ちいきは,高地とよばれ,土地の起伏(きふくがはげしく,一面がほぼ円形のクレーターとよばれるくぼ地におおわれている。クレーターはいん石衝突(しょうとつによってできたもので,最大(さいだいのものは直径(ちょっけい2500kmにおよぶエイトケン盆地(ぼんち。月面の高低差(こうていさは,表(がわでは3000mほどだが,裏側(うらがわでは(やく2万mもある。暗い地域(ちいき(ひくく平たんで,クレーターが少なく,海とよばれている。高地は白っぽい斜長石(しゃちょうせき,海は黒っぽい玄武岩(げんぶがんでできている。年齢(ねんれいは高地のほうが古い。海は巨大(きょだいないん石の衝突(しょうとつによってできたクレーターに内部から玄武岩(げんぶがん溶岩(ようがんがふきだしておおったものと考えられている。

 月の表面の温度は昼間の(やく120℃から夜の-170℃まで変化(へんかし,大気はなく,生物も生存(せいぞんしない。

〔月の運動〕 地球のまわりを回る月の恒星(こうせい基準(きじゅんとした公転周期(しゅうき恒星月(こうせいげつといい,27.321662日である。これに対し,地球から見た月の((けの周期(しゅうきさく望月(ぼうげつといい,29.530589日である。恒星月(こうせいげつがさく望月(ぼうげつより短いのは,地球も太陽のまわりを公転しているからである。月は地球の公転と同じむきに公転しながら自転している。月の自転周期(しゅうきは公転周期(しゅうき一致(いっちしている。このため地球からは月の裏側(うらがわが見えない。実際(じっさいにはわずかながら上下左右に首をふるため,全表面の59%が地球から見られる。月の公転軌道(きどうは白道とよばれ,黄道面に対して5度8分かたむいている。

 月食満月(まんげつのときにおこるが,満月(まんげつのたびにおこらないのは月の公転軌道(きどうが5度8分かたむいているためである。

〔月の((け〕 月は(やく29.5日ごとに((けをする。これは,太陽の方向をむいてかがやいている半球を,月の公転にともなっていろいろな角度から見ているためである(双眼鏡(そうがんきょうで見ると全体が確認(かくにんできる)。地球から見て,月が太陽と同じ方向にあるときを新月,月が太陽と反対(がわにきたときを満月(まんげつという。新月から左回りに月が太陽と90度はなれた位置(いちにきて太陽に(らされた半球を真横から見るときを上弦(じょうげんの月,この位置(いちと反対(がわにきて半月(じょうに見えるときを下弦(かげんの月という。新月をすぎて太陽に(らされた月面が少し見えるときが三日月である。新月は見えないが,太陽とともに朝,東からのぼり夕方西の空にしずむ。三日月は夕方太陽が西にしずんだのち,しばらく西の空に見える。上弦(じょうげんの月は日没(にちぼつのとき真南の空に見え,真夜中に西の空にしずむ。満月(まんげつは夕方太陽が西の空にしずむと東の空にのぼり,明け方西の空にしずむ。下弦(かげんの月は真夜中に東の空にのぼり,明け方に真南の空にくる。

 西の空にしずむとき上弦(じょうげんの月は直線部分((げん)が上,下弦(かげんの月は直線部分が下になる。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。