ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つきにほえる【月に吠える】

萩原朔太郎(はぎわらさくたろうの第1詩集。1917(大正6)年(かん。新しい口語象徴(しょうちょうとして,「現代(げんだい詩の母」とよばれる画期的(かっきてきな詩集。病的(びょうてきなまでのするどい神経(しんけい繊細(せんさい感覚(かんかくによってとらえられた近代人の絶望(ぜつぼう感とむなしさが,暗く重苦しいイメージと,独自(どくじ音楽的(おんがくてきな言葉によって表現(ひょうげんされている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。