ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ツキヨタケ

夏から秋,ことに秋におもにブナのかれた(みきに多数重なりあって生える(どくキノコひだには発光(せいがある。日本で(もっと中毒例(ちゅうどくれいの多い(どくキノコである。(の根元の肉に暗紫(あんし色のはん(もんがあり,(食菌(しょくきん(食用菌類(きんるい,食用キノコ)と区別(くべつできる。かさの長径(ちょうけい:10〜25cm。(の長さ:1.5〜2.5cm。分布(ぶんぷ:北海道(渡島(おしま半島)・本州・四国・九州。(真菌(しんきん植物 担子菌類(たんしきんるい ハラタケ目 キシメジ科)

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。